相続センター神奈川とは?

相続センター神奈川は、神奈川県にお住まいの方の相続を円満に円滑に進めるために生まれました。あるファイナンシャルプランナーが、有志の相続の専門家たちに声をかけたのがそもそもの始まりです。

FP「最近の相続は節税にばかり偏っていて役に立つ情報が少なすぎる」
仲間①「そうだ、そうだ!必要の無い相続対策を提案する専門家が多すぎる!」
FP「私たちが、相続で悩める人をお手伝いしよう!」
仲間②「そうしよう!必要の無い対策をして、大切な事をやっていない人が多いのは困ったものだ」
仲間③「それでは、神奈川県内の相続でお困りの方をお助けできるようにしよう!」
FP「名前は相続センターではどうだろうか?最初は地域を限定して相続センター神奈川にしよう!」
仲間④「いい名前だ。地域もわかりやすいし、相談内容もわかりやすい」
仲間⑤「もちろん、言い出しっぺのFPさんに是非取りまとめてもらいたい」
仲間⑥「そうだね、適任だよ!」
仲間⑦「よし!それでは私たちは相続センター神奈川として活動しよう!代表はFPさんに決まりだ!」
FP「・・・はい!頑張りましょう!」

このような形でFPと7人の仲間たちで始まりました。現在私たちは横浜市内を中心に神奈川県内全域で相続で困っている方、相続で悩んでいる方のサポートをするべく活動しています。相続センター神奈川の役割は、相続で悩める方、お困りの方と専門家とつなぐ役目であり、相続の窓口でもあります。何がわからないかわからない、という方もお問い合わせいただければ方向性が見えてくるはずです。

なぜ相続には専門家の手助けが必要なの?

相続は一生に何回経験できるのでしょう?一生に一度、二度くらいかも知れません。
相続で困るのは何歳のときでしょう?平均寿命から考えると親が亡くなるのは80代か90代、自分の年齢は50代、60代、70代です。

自分の頭の徐々に衰えている時期に未知のライフイベントである相続を迎えると、混乱される方が多いのです。出産と違って相続はタイミングが計れません。人がいつ亡くなるかは神のみぞ知ることだからです。ある日突然人が亡くなり、その後途方に暮れる。それが一般的な相続に起こる問題です。相続は経験を積むことができないのです。一方で、相続に関する仕事をする専門家は、日々相続と接しています。

税理士:相続税の申告
司法書士:財産の名義変更
行政書士:相続関連の書類作成
宅地建物取引士(宅地建物取引主任者):不動産の処分
測量士:土地の測量
弁護士:遺産分割等に関する代理人
公証人:公正証書遺言等の作成
FP:相続全般に関する一般的な相談、問い合わせ窓口

実は専門家は1人では何もできませんから、専門家同士のつながりで相続に関する手続き等を進めていくのです。専門家に相談するメリットは「早く、正確に、問題が解決する事」にあります。その対価として費用が発生します。自分で対処する事のメリットは「お金がかからないため、時間はかかるが正解にたどり着くかもしれない」ということです。ただ、これはメリットなのでしょうか?相続関連の手続きを自分の解釈で実施して、後日トラブルになるというケースも散見されます。費用の発生は、業務の結果に対する品質の保証です。賢い消費者になるには、専門家に相談する事が一番の近道です。

相続の専門家はどうやって探せばいいの?どうやって見分けるの?

専門家を探すにはどうすればいいのでしょう?専門家はどこにいるのでしょう?
ホームページで検索するのもいいでしょう。行政に聞くのもいいでしょう。私たちに相談頂ければ、適切なタイミングで適切な専門家をご紹介いたします。
私は○○専門です。と謳いながら、実は未経験の専門家もたくさんいるのが現状です。
ホームページでは何とでも書けますから、そこは注意が必要です。相続センター神奈川では、相続に関する業務を実際に行っている専門家しか紹介しません。ですから、自分で専門家を探し、専門家の良否を判断する手間もありません。

ご自分で探す場合

  1. ○○会の神奈川支部に問い合わせる。
    (税理士会、弁護士会など、士業は各都道府県に支部があります)
  2. 困りごと、悩み事を伝えて適切な士業を5~6名紹介してもらう。
  3. 各士業に電話して、相談したい旨を伝えアポイントを取ってください。
    ※電話応対が適切かどうか確認ください。
    ※電話を転送して外部で受けている場合は相談できません。
  4. 各士業事務所に訪問し、事務所の様子や応対の様子を観察してください。
  5. 相談する前に、各士業に過去の相談実績、年間の相談件数などを質問してください。
  6. 他の士業事務所との違い、差別化のポイントを質問してください。
  7. 相談ではせず、ご自身が気になっている事を質問してください。
  8. 質問に素早く回答が来るかどうか、答えを濁さないか、分かりやすく答えてくれるか、確認してください。
  9. 紹介してもらった士業を全員回ると、誰が適切な専門家で誰が不適切な専門家かわかるようになるでしょう。
  10. 相談前にご自身で書籍を購入して精読される事をお勧めします。書籍も3~4冊読めば、大枠はわかるはずです。

このように10ステップを踏めば間違いの無い専門家を探す事ができるでしょう。
上記ステップを経ても判断できない場合は、お問い合わせくだされば、専門家の判定もお手伝い致します。

お電話でのお問合せはこちらから
メールでのお問合せはこちらから