質問Q&A:なぜ相続対策を自分で行うと失敗するの?

 なぜ相続対策を自分で行うと失敗するの?

 

こんにちは、神奈川県横浜市を中心に、相続の事前対策を行っています、

相続センター神奈川代表のファイナンシャルプランナー高橋成壽です。

 

 

今日は、良くある質問にお答えしたいと思います。

 

 

Q.なぜ相続対策を自分で行うと失敗するの?

 

 

A.答えは3つ。

 

 回答1

1つめ。相続対策は1人の勝手な考えで進めるものではありません。

 

財産の引き継ぎに関する方針を決めて、それをもとにふさわしい対策を考えます。

 

勝手な対策を行うと、後で他の親族の反感を買うことにつながります。

 

特に遺産分割は、勝ち負けがはっきり出てしまうので慎重に行う必要があるのです。

 

 回答2

2つめ。相続は専門家がたくさんいるほど幅が広く、奥が深いもの。

 

全てを網羅している専門家が居ないのに、専門的な知識の無い一般の方が、

 

自分だけの断片的な知識をもとに対策を考えると、そもそもNGなことを

 

実行してしまったりします。その行為自体がOUTなわけですから、

 

揉めるのは必至です。

 

回答3

3つめ。ご自分の立ち位置を理解していない方が多い。

 

1つめと重複するところもありますが、相続は相続人と被相続人、

 

つまり、親と子で立場がまるで異なります。

 

あげる方ともらう方では考え方が違うのです。

 

あげる方からすると、もらって当然と思われるのは心外。

 

もらう方からすると、偉そうにされることに憤慨。

 

つまり、双方立ち位置が違うのです。そこを理解しないと永遠に上手な対策まで

 

たどり着くことができないのです。

 

 専門家の必要性

だからこそ、私たちのような相続の専門家の知恵をもって、

 

円満、円滑な承継の計画を立てる必要があるのです。

 

揉めたい方はご自分でやるのもありですが、そもそもその対策、本当に有効ですか?

 

カテゴリー: 自分でできる相続対策

タグ:
お電話でのお問合せはこちらから
メールでのお問合せはこちらから